医療用病院用ベッドを使用する利点

病院用ベッドは、従来のベッドに比べて多くの利点があるため、寝たきりの患者にとって不可欠です。患者の快適性を最大限に高め、使用時間を延長し、カスタマイズ可能な機能により、ベッドの特定の部分を簡単に調整できます。医療用病院ベッドの 5 つの主な利点は次のとおりです。

1.医療病院のベッドは、患者の移動をよりよく助けることができます

人が長時間ベッドに横たわっていると、ベッドにかかる圧力により、皮膚組織が骨とベッドの表面の間に閉じ込められ、床ずれや床ずれが発生する可能性があります。 このような患者にとって、医療用病院用ベッドは効果的なソリューションを提供します。ベッドを使用すると、ベッドが体のある部分から別の部分に移動できるように、ベッドの位置を調整できます。さらに、寝たきりの患者はマットレスを選ぶ際に注意し、摩擦を減らすことができるマットレスを選ぶ必要があります。  

2.医療病院のベッドは血液循環を改善します

医療用病院用ベッドを使用すると、ユーザーはベッドを交換および調整して、頭と足をより適切に配置できます。これらの変化により、運動が可能になり、定期的に体のツボが変化するため、ベッドにいる間の患者の血液循環が改善されます。  

3. 医療用ベッドの安全性

医療用病院のベッドは、介護者の監視や一時的な拘束が必要な人にとって必要条件です。特に転倒の危険がある人の場合。たとえば、認知症やその他の認知障害のある人は、病院のベッドにベッドレールを設置することで、転倒による骨折のリスクを軽減できます。 フルレングスのベッド手すりが必要な患者もいますが、多くの人は手すりをベッドの上、ベッドの下、またはベッドの位置を変えて補助として使用しています。これらの患者は、レールの全長を制限する必要はありません。ほとんどの病院のベッドには、フルトラックとハーフトラックのオプションがあります。  

4. 医療病院のベッドは患者の移動を容易にします

多くの場合、患者はベッドの中やベッドの下で困難を抱えています。医療用病院用ベッドは、高さを調整できるため、この問題を容易にします。この機能により、患者は起き上がり、比較的楽な姿勢でベッドから出ることができます。  たとえば、股関節や膝に問題がある人は通常、快適に立ち上がるのに役立つ 90° を超える角度で関節に座ります。医療用病院ベッドを使用すると、ユーザーはこれを安全かつ簡単に行うことができます。  

5. 医療用ベッドは介護者の介助を容易にする

寝たきりの愛する人を介護することは、介護者の健康に負担をかけます。彼らが直面する共通の問題は背中の痛みです。医療用病院用ベッドを使用すると、看護スタッフは、その過程で体に負担をかけることなく、患者を便利なケア位置に持ち上げることができます。  これらの利点に加えて、医療用病院用ベッドは、ユーザーにベッドのタイプと外観の多くの選択肢を提供します。使用状況や使用時間に合わせて、手動ベッドと電動ベッドをお選びいただけます。製品の詳細について詳しく知りたい場合は、以下のリンクをクリックしてください。https://www.olabosci.com/hospital-bed/


  • 前:
  • 次:

  • 投稿時間: Sep-14-2022